EDABoard.comへようこそ! 国際電子ディスカッションフォーラム:EDAソフトウェア、回路、回路図、書籍、理論、論文、asic、pld、8051、DSP、ネットワーク、RF、アナログデザイン、PCB、サービスマニュアル

Register Log in

はどのようにこの回路は動作しますか?

Q

qslazio

Guest
このオペアンプ
、 バンドギャップで使用され
私だけでは、M1
 
N

news

Guest
<img src="http://gallery.dpcdn.pl/imgc/News/63659/g_-_550x412_-_s_63659x20150612172325_0.png" alt="image" />Google intensywnie pracuje nad aplikacją Hangouts. Nowa wersja ma przynieść przede wszystkim zmiany w interfejsie. Celem Google jest nie tylko poprawienie wyglądu, ale także uczynienie aplikacji bardziej intuicyjną. Poprawiony zostanie ekran główny, okienko rozmowy, a także między innymi wysyłanie zdjęć.

Najnowsza, stabilna wersja aplikacji Hangouts oznaczona jest numerkiem 3.3. Możemy w niej…<img src="http://feeds.feedburner.com/~r/dobreprogramy/Aktualnosci/~4/yAHwin1UMak" height="1" width="1" alt=""/>

Read more...
 
G

Guest

Guest
M3の海流のソ¥ースとしてみなすことができます。
その後、M1の- M2にM4号線- M7のフォームは
、 負のフィードバック、M1/M6のゲート電圧を安定させる
は、(理想的にゼロ)体系的なオフセットを保証値とする。
しかし
、 確実にM2用ミラー比とM4 1時02分は午前1時01分ですか?

 
G

Guest

Guest
私はこの回路は
、 システムのオフセット改善されるとは思わないが悪くなることがあります。のみadvatageの利得を増大すること2-4回。

 
Q

qslazio

Guest
アリスGute書き込み:

M3の海流のソ¥ースとしてみなすことができます。

その後、M1の- M2にM4号線- M7のフォームは、負のフィードバック、M1/M6のゲート電圧を安定させる

は、(理想的にゼロ)体系的なオフセットを保証値とする。

しかし、確実にM2用ミラー比とM4 1時02分は午前1時01分ですか?
 
B

Btrend

Guest
私の意見では、M1のは、M2、M4号線にはフィードバックM7のです。
回路Ŭおそらく唯一のOPの利得を増大することです(M1の- M5)を追加。
オフセット体系的な話では、通常、逆の利得に比例しています。
その増加の利得を削減する体系的なオフセットです。

 
G

Guest

Guest
右は、入力換算オフセット体系が低下する最初の段階の利得を増大されます。
ただし、余分な回路だけ増加し、ゲイン、理由だけでは
、 バイアス差動ペアの電流が増加しないための使用ですか?はい、それが、消費電力の増加がこのトポロジではまた
、 余分なバイアス電流もeatraデバイスを使用します。

私は
、 フィードバックについてどう考えるか
、 このようなものです:
Vg1増加- "ID6の増加- "ID7、ID5、ID2の増加- "ID1の減少- "Vg1減少した。

私は本当によく分かりません。期待以上の議論を参照してください。

 
B

Btrend

Guest
引用:

Vg1増加- "ID6の増加- "ID7、ID5、ID2の増加- "ID1の減少- "Vg1減少
 
K

kamalakkannan

Guest
ハイテク..

私は最終段階nmosM8のサイズの1つのより多くの問題をご覧ください。
Ŭ通常のオープンループの場合..参照してください
私は(M10)を=私
私はネジ(M3)=私
私は(M1)を=私は(M2)の=のI / 2
私は(M4)を=私(長袖)1時02分比率=私は(これをB /ワット
 
F

fantaci

Guest
たぶんあなたは間違っていると思う。これらのdisconnetedてはならないうなずく。私がそれをここでは
、 フィードバックが起こると思います。私は、pbias推測するいくつかのダイオード接続transisitorからであり
、 このトランジスタの一部の電流源に接続されています。なぜ
、 バイアス回路などによってanalizeはありません。このようにする場合は、電流源のバイアスとしてではなく、電圧源バイアスpbiasものとみなすことができます。
ちょうど私の推測で

 
W

willyboy19

Guest
はないと思う、M1の目的〜M5体系的なオフセットを行うには何もしています。これは
、 巧妙なプッシュでオペアンプ設計された出力段のプルされます。また、M1のを考えなければならない〜M5レベルシフタブロックとしては最初の段階から、PMOSのドライバM7をするために増幅出力電圧の別のレプリカを提供します。動作原理は現在のものですベースモードとは
、 もちろん、全体的なオペアンプの密接なループの安定性にはほとんど影響は
、 最小限の位相シフトを提供します。

チャレンジ私場合は違ったように思う

<img src=¥"http://www.edaboard.com/images/smiles/icon_smile.gif¥" alt=¥"笑み¥" border=¥"0¥" />
 
M

marshel

Guest
したがって
、 このアンプの補償のためのキャップが必要ないのですか?

 
Y

yuanxiao

Guest
参照してください"マルクG. Degrauweらしてください。"適応バイアスのCMOSアンプ"IEEE JSSC、17巻、1982年6月"

 
Q

qslazio

Guest
marshel書き込み:

したがって、このアンプの補償のためのキャップが必要ないのですか?
 
W

willyboy19

Guest
この回路のノイズ性能¥は
、 従来の電圧モードの相手とほぼ同じにする必要があります:一方で
、 高い周波数のノイズの動作をもっと注意をゼロの存在は
、 補償を導入するために必要な低周波ノイズパフォーマンスは
、 最初の段階で、支配される必要がありますキャップ。を分析したり
、 より詳細な情報を探り出すのは回路シミュレータを使用してノイズの動作をシミュレートします。お楽しみに!

 
D

dreamteam

Guest
みなさんこんにちは、

トランジスタM1のは、M2、M3の現在のsubstractor回路です。回路のあなたのプッシュは
、 差動ペアの出力と出力段のプル駆動することが
、 この種とそれの相補的な信号substractorによってビット長の和。

M5とM3の間の接続は
、 おそらくとなる自己バイアス回路です。

 
P

pillar_chen

Guest
それはプッシュプル出力オタです。compenstionとしては、その極にdenpends。

 
I

IPSC

Guest
fantaci書き込み:

たぶんあなたは間違っていると思う。
これらのdisconnetedてはならないうなずく。
私がそれをここでは、フィードバックが起こると思います。
私は、pbias推測するいくつかのダイオード接続transisitorからであり、このトランジスタの一部の電流源に接続されています。
なぜ、バイアス回路などによってanalizeはありません。
このようにする場合は、電流源のバイアスとしてではなく、電圧源バイアスpbiasものとみなすことができます。

ちょうど私の推測で
 
N

nxing

Guest
これは、AB級opuput OPAのM1を- M5レベルシフタとして動作している。

 
Toggle Sidebar

Welcome to EDABoard.com

Sponsor

Top